Justy98 グランドステージ鯛浜

 2007年7月、初代モデルハウス 「Justy98」を発表見積もりで完成価格を提示する方針に

10年ほど前、当時の住宅建設業界では「坪単価○万円」と銘打つ規格住宅の流れがありました。これは住宅の本体価格を施工面積あたりの坪単価で計算する販売方法で、実際にはオプション商品を多くつけねばならず、完成価格は意外と高額になるというものでした。 当社では、「見積もりの段階で出来るだけ完成価格を提示し、住宅完成後も追加代金の心配がいらない家づくりを」という社長の考えのもと、オーダーカーテン、食器棚、全室照明、浄化槽等も標準装備として初代モデルハウスとなる「Justy98」を発表しました。 住設機器や建具、床材、外観などはオーソドックスでしたが構造にはこだわり、住宅金融公庫が示す高耐久仕様で、性能保障住宅を標準としていました。