menu
資料請求CONTACT

藍住町・M様邸【インタビュー】

ホワイトオークの床と白壁、アクセントに使っているマット系のブラックの組み合わせが上質で落ち着いた印象を与えているリビングダイニング。「手のかからない家」というMさんの家づくりのコンセプトが凝縮された空間だ。奥様が憧れていたアイランドキッチンの横にダイニングテーブルを配置し、食事時の作業がスムーズにできるようにした。料理を作りながら、小さなお子さんにお茶をのませたり、食器を移動させるのにとても便利なのだとか。またキッチンとダイニング、リビング、和室を段差なく繋がる空間にして、お掃除ロボット『ルンバ』が隅々まで動けるように工夫した。「ルンバを動かしたら子供たちも一緒に片付けを始めるようになりました(笑)。白い床も意外と汚れが目だたなくて良いですね」。

 さらに、子供達への愛情もそこかしこに散りばめられている。子供たちが成長して2階の部屋ですごく時間が多くなっても、日々顔を合わせられるようにと、リビング階段を設けた。さらに、階段中ごろには掘りごたつ風に仕上げたカウンター付きのスキップフロアを設置。これは子供たちが小学校に上がった奥様が家事をしながらでも様子を伺えるスタディコーナーとして活躍する予定だ。家族の生活をイメージして考え抜かれた住空間だ。

 

お施主様インタビュー

INTERVIEW

CONTENTS:01

「はなおか」を選んだきっかけは?

担当営業の平野さんが夫と同じ年ということもあり、初めて会ったときから話が合いました。他社とも検討していたのですが、モデルハウス『SHABBY』が決め手となって、『はなおか』さんにお願いすることを決めました。
打ち合わせを進めるうちに、平野さんは聞いたときにはすぐ応えてくれ、「できる」「できない」をハッキリと答えてくれるところにも安心感を抱きました。私たちが思い描いた住まいの形にしてくださり、とても感謝しています。

CONTENTS:02

実際に住んでみてどうですか?

実際住むようになって、家事・育児のしやすさは、実感しています。特に1Fはオールフラットなので『ルンバ』が掃除をしてくれ、さらに、子どもの面倒も見やすくなりました。サンルームは作ってよかったです。雨の日でも洗濯物を干しっぱなしで外に出られるので、とても重宝しています。2Fホールにあるマンガを1000冊収納できる本棚のあるファミリースペースや、8帖の小屋裏スペースなど、やりたいことが全て盛り込めました。

CONTENTS:03

実際に住んでみてどうですか?

完成見学会はぜひ、行ってください!何かしらのヒントがあるはずです。
私たちの家の場合は、収納が多ければ多いほど良い!後、コンセントの量も色んなところに設置して多めにした方がお勧めです!
生活をイメージして、後悔しない家づくりをしてください!

モデルハウス見学予約

実際にモデルハウスを見学したくなった方、ご予約が可能です。

※必ず来場希望日の2日前にお申し込みください。お急ぎの場合は電話でご予約されることをお勧めいたします。
対応させていただく日時を改めて担当者からご連絡いたします。

お名前
フリガナ
電話番号
希望日時:第1希望 時ごろ
希望日時:第2希望 時ごろ
希望日時:第3希望 時ごろ