資料請求・
お問い合わせ
ご来場予約イベント情報電話する

暮らしづくりのレシピ

life recipe

はなおかが誇るプロ集団・専属大工に迫る!

  • 2021.04.07
はなおかの家づくり

みなさん、こんにちは。広報の後藤田です。

今回は、はなおかが誇るプロ集団・はなおかの大工さんに迫ります!

 現在、HP用のプロフィール更新のため、各現場に行って大工さんの写真を撮影しています。建築の最前線は現場。お客様の夢をカタチにするため、はなおかの大工さんたちは日々頑張ってくださっています。

はなおかが誇る“腕と人柄の良い大工さん”はどうやって生まれたのか。

「暮らしづくり」の根幹を担う、大工さんに迫っていきます!

 

 


1.はなおかは、なぜ“専属”にこだわるのか?

 

 

はなおかの専属大工…とは、社外の立場ですが、はなおかの仕事だけを引き受けてくれる大工さんのこと。はなおかの家づくりを理解して現場で働いてくださる大工さんたちのことです。

住宅会社は、自社で大工さんを雇うことはほとんどなく、大工さんは社外の業者さんという立場。そのため、発注をする住宅会社の考え方や想いまでを受け取って施工をしてくれる大工さんは少ないということが、現実でした。

創業当初から、はなおかでは大工の専属制にこだわっていました。それは、社訓である「親切に 丁寧に きっちりと」を実現できる大工集団をつくりたかったらから。

お施主様が安心して暮らせるように、住宅の見えない部分までを丁寧に、きっちりと仕上げることは、とても大切なこと。その重要な部分を担っているのが、大工さんの仕事です。

お客様の夢を想像以上に実現するため、技術や能力の向上、平準化を図るために、はなおかは専属大工制度にこだわっています。

 

また、お客様にとっても専属大工に任せるメリット様々あります。

ここでは、お客様が専属大工に任せるメリットをご紹介します。

 

■専属大工に任せるメリット

 

①質の高い大工さんに施工してもらえる

 はなおかの家づくりを知りつくした大工さんが施工してくれるので、安心してまかせられます。

 

②着工後も臨機応変な対応が可能

 現場を任せられるしっかりした大工さんだから、臨機応変な対応が可能。現場でお客さんとの打ち合わせも参加し、ご提案やアドバイスをさせていただく場合もあります。

 

③お引渡し後も担当の大工さんがいるという安心感

現場が終わったら、別の会社の現場に行ってしまう…ということがないので、お引渡し後も担当の大工さんと会う機会があります。イベント時やメンテナンス時など、担当の大工さんがいることで、お客様も安心感があるようです。

 

 


 

2.高い技術力を築くために

 

徳島県内注文住宅着工棟数ナンバーワンを長年誇っているのは、大工さんの力が大きい。

創業以来、はなおかは沢山のお家を手掛けてきました。お客様からの声やアンケートから、大工さんへの評価は高く、その信頼の厚さがうかがえます。

 

 また、“口コミ”でご来場されるお客様の中で、大工さんの評判は高く、着工する際に指名する方も少なくありません。

 

 この人気の専属大工さんになるためには、担当者だけでなく経営者の面接もあり、人柄を見ることで、現場を任せられる責任感を持った大工さんを採用しています。

また、レベルの高い技術者集団をつくるために、はなおかでは様々なことを実施しています。

 

■技術とモチベーションをUPするために

 

①大工さん会議(建築会議)

月一度の大工さん会議(建築会議)を260回以上実施。自社の家づくりの方針や技術を学べる機会を設けることで、一人ひとりが安定した最良の技術力で施工することが可能になりました。会議を定期的に設けることで、大工さんと社員との交流、話し合いの場にもなっています。

 

②現場パトロール

年に一度、大工さんたちが自分以外の現場をチェックする『現場パトロール』も実施。これは、属人化しがちな現場のルールや納まりなどをみんなでチェックすることで、技術やルールの平準化することに役立っています。

 

③大工さん旅行

慰労や感謝の気持ちを込めて、大工さん旅行を年に一度実施しています。学びの機会を持つこと以外でも、大工さん同士や社員との繋がりを大切にすることで、大工さんの働き甲斐にもつながっています。

 

④感謝状の贈呈

  はなおかのために20年働いてくださった大工さんには、「勤続20年賞」として感謝状を贈呈しています。10名以上の大工さんが、はなおかで20年以上専属大工として働いてくださっています。

 


 

3.社員大工の育成

 

建築業界で、逼迫している問題は職人さん不足。

はなおかでもそれは同じで、大工さんも若者のなり手が少なくなっているのが現状です。そんな中、若手の職人を育成するために、社員大工を2013年から採用し、自社大工として育てています。

社員という形にすることで、はなおかの家づくりの技術を確実に吸収し、将来は他の専属大工さんにも指導できるような立場になれるよう育成していく予定です。

ここでは、はなおかで活躍する社員大工をご紹介します。

 

社員大工・藤川怜さん

 

社員大工として、2013年に入社。

「お父さんみたいな大工さんになりたい」という想いがあり、大工技術を学ぶ専門学校を卒業後、はなおかへ入社。

2018年以降は、教育を任されていた専属大工・中川芳夫さんのもとを離れて棟梁大工として独立しました。年間2、3棟の木造住宅の新築を手掛け、リフォームやメンテナンスなど、様々な現場に赴く頼れる大工さんの一人です。

 「将来は、大工である父や中川大工のように、周りに頼られ、仕事を認められる大工になりたいです」と藤川くん。

さらなる活躍に期待したいです。

 

社員大工・杉友春輝さん

 

社員大工として2018年4月に入社した、杉友さん。4年目を迎える若手社員大工さんです。

彼も職人さんに憧れ、大工という道を選んだ若手大工の一人。

専属大工である寺橋大工さんに師事して仕事を学んでいます。

「最近、2階の仕事、親方から僕に任されるようになりました」と杉友さん。

 「少しずつですが、仕事も覚えてきました。だけど、まだまだ覚えことが多いです。一つひとつ、仕事を覚えていきたいです」と、着実に成長している様子です。

 

今後も、若手ながら、一生懸命頑張る2人をぜひ、応援してください。

 


 

はなおかの大工さん特集、どうでしたか?

 

また、はなおかでは、現場で働く大工さんをスタッフ・大工さんページで詳しく紹介しています。

ぜひ、担当現場の大工さんの想いや意外な一面を発見してください。

 

→→大工さんプロフィールはコチラ! ※只今絶賛更新中!

 

 

この記事をかいたのは
わたしです
総務部
後藤田陽子
2011年4月入社 城南高校 四国大学

取得資格
整理収納アドバイザー2級